同一箇所へのお届け金額 10,000円以上で送料無料

サイトマップ

  • ぶりしゃぶ&漬け丼セット

おすすめ商品

ご利用ガイド

お届け予定日

今、ご注文すると

0823日に
出荷予定です

※あくまで目安です。
状況により異なります。

お問い合わせ

価格帯で探す

カテゴリで探す

ブリ
タイ
カツオ
漬け丼
ブリの醤油漬け丼
鯛の醤油漬け丼
ウナギ
しらす
お手軽商品
  • メディア掲載商品
  • お得セット商品

店長コメント

匠の魚商店長 田部

匠の魚商 店長の田部と申します。この度は当店にご来店いただき、誠にありがとうございます。
当店は土佐の匠達が作り上げた味を全国の皆様へとお届けし、美味しいと喜んで頂けるように心がけております。
どうぞごゆっくりとご覧ください。

公式SNS

  • facebook
  • Instagram

匠の魚商×有田焼

匠の魚商が厳選してお届けしている「匠魚」を、
より美味しくお愉しみいただく一つの要素が、「器」です。
格式や美しさ以上に、大切なのは食卓で愛されること。
そんな「匠器」を求めたどり着いたのが、有田焼でした。

坂本龍馬がつなぐ、高知と有田焼

「自らを顧みず国のために奔走した龍馬の精神性を伝えたい。」
その思いから、1930年頃、有田焼の名家であり
人間国宝である十二代 酒井田柿右衛門は、
坂本龍馬の白磁製立像を13体作り、
龍馬の子孫や当時の宮内省、大名家に寄贈しました。
龍馬自身も陶磁器と繋がりがあり、龍馬の貿易会社である亀山社中は、
長崎・亀山焼の工場があった場所に作られました。
龍馬が、割れても焼き継ぎして愛用し続けたという
蓋付飯碗「望龍碗(もうりゅうわん)」は、
波佐見焼と三川内焼で復元販売されています。

有田焼の歴史

有田焼は、佐賀県有田町を中心とする
地域で焼かれている、日本で初めて作られた磁器です。
その起源は17世紀初め、豊臣秀吉による朝鮮出兵の際に
出征した肥前領主の鍋島直茂が日本に連れ帰った
朝鮮人の陶工 李参平が、有田で良質な陶石を発見して窯を開き、
磁器の生産を始めたことにあると伝えられています。

有田焼の魅力

薄くて軽いのが特長ですが、
高温で長時間かけて焼成するため、
硬くて丈夫な仕上がりです。
耐久性が強く、吸水性が無いため、
食器に最適な焼き物です。
つるりと滑らかな質感も
支持される魅力です。

匠の魚商の想い

日本が誇る世界的な伝統工芸でありながら、
日常の中で実用される有田焼。
有田焼は、実は高知の郷土料理である、
大皿に刺身、鰹のタタキ、寿司、揚げ物や煮物など
山海の幸を盛り合わせた「皿鉢料理(さわちりょうり)」の
大皿にしばしば使用されており、古くから高知と所縁がありました。
匠の魚商と有田焼は、
「食卓を豊かにする」という想いを共有しています。
土佐の「匠魚」を、「匠器」有田焼で愉しむ。
豊かな食の体験が、皆さまの食卓を彩ることを願っています。

ちょっとした薬味を乗せるもよし、刺身醤油皿として使うもよし。
色々なシーンで活躍する有田焼小皿です。

  • 側面
  • 底面
  • 市松
  • 麻の葉
  • 青海波
  • 七宝繋ぎ
  • 矢餅

匠魚一覧はこちら ▶

  • 迷ったらこれ!
  • まとめ割商品

PAGE
TOP